2019 ボンヌ マール GRAND CRU ドメーヌ ジョルジュ ルーミエ

 

説明

BONNES MARES GRAND CRU
ボンヌ マール グラン クリュ

葡萄の木の樹齢は約40年。
東向きの傾斜のある区画。
眼下に当家単独所有の「モレ サン ドニ 1級 クロ ド ラ ビュシエール」の畑を望みます。
所有畑の広さは約1.5ha。
固い岩盤の上で石と粘土が混ざった粘土質土壌の赤土区画と、
貝の化石を多く含む泥灰質土壌の白土区画があります。
赤土区画は酸味と果実味が豊かで赤い果実のニュアンスやリッチさを表現し、
白土区画は白い花の繊細さやミネラル感、スパイシーさなどを表現します。

収穫は全て手摘み。
選別は畑と醸造所とで2度行います。
特に醸造所での選別は厳しく行い、健康状態と成熟具合の良い葡萄のみ残します。
除梗の割合はヴィンテージとアペラシオンによって違いますが、
葡萄の梗はワインにミネラル感を与えるため、
酸味の軽いシャンボール ミュジニーのワインの味わいを補完してくれるので、
概ね除梗率は70%ほどに留めます。
また、梗はワインが

若いうちはフレッシュさを与え、

熟成にしたがってそれが複雑さに変わるので、
除梗をする

際は葡萄果汁と梗とのバランスを重要視しています。

そして葡萄はコンクリートタンク(アペラシオンによってはステンレスタンク)に移され、
約11℃で低温浸漬を10日間ほど行います。
そして1日2回櫂入れ及び液循環を行いつつ、
約2週間かけて自然酵母でアルコール醗酵が行われます。
その後、空圧式圧搾機でプレスしてワインは樽へ移されます。

赤土区画と白土区画を別々に醸造してからアサンブラージュをして
両方の特徴をバランスよく表現できるように仕上げています。

新樽率は30~45%で16ヵ月間樽熟されます。

モレ サン ドニの力強さとシャンボール ミュジニーの繊細さを併せ持つワインです。

飲む時のお薦めグラス
グラス底部が丸い風船型のグラス。


ボンヌ マールの赤土区画(眼下に当家単独所有の「モレ サン ドニ 1級 クロ ド ラ ビュシエール」の畑)


ボンヌ マールの白土区画

レビュー

レビューはまだありません。

“2019 ボンヌ マール GRAND CRU ドメーヌ ジョルジュ ルーミエ” の口コミを投稿します


おすすめワイン

特定の商品カテゴリー
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。